2027年のリニア開通に合わせて整備がされることになっている地下に駅がつくられているけど何名鉄名古屋駅について、駅の線路を現在の二線から四線に拡張することが発表されました。

現在の名古屋駅は二線しかないため、本線、犬山線、常滑線など、様々な方面に向かう電車が同じホームに入ってきます。このため、どこ行きの電車なのかしっかり確認してから乗らないと、目的地と全く別のところに連れていかれるという怖さがあります。

今回の拡張で、駅の線路の本数を四本にすることにより、方面ごとにホームの乗車番線を変えて「はじめての人にも分かりやすい」駅を目指すということです。中部国際空港行き専用ホームも検討されているということ。駅の利便性は格段に上がると思われます。

ただ名鉄の最大の問題は、犬山線と本線、常滑線と本線が名古屋駅に向かう途中で合流してしまうこと。合流点近くでは、ラッシュ時常に合流点の手前で電車が渋滞してしまいます。このため輸送量も著しく低下しているのが現状です。本来であれば、合流せず複々線化したまま名古屋駅に入るのが最良なのだと思います。しかし、複々線化をするというのは、かなり大きな投資が必要です。抜本的な解決になっているとは思えませんが、いまできる最良の方法なのかもしれません。

名鉄はこの名古屋駅の拡張とともに、地上部分で、6棟のビルを一体的に再開発することも検討中です。

名鉄名古屋駅 完成予定

現在、名古屋市内で進んでいる計画の中では、最も大きな再開発の一つといえます。名鉄の社運がかかっているともいえるこの再開発に今後も注目です。

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です