名古屋城に去年オープンした金シャチ横丁。オープン以降、観光客を中心に連日多くの人で賑わっています。金シャチ横丁は名古屋正門を出てすぐのところにある「義直ゾーン」と、東門を出てすぐのところにある「宗春ゾーン」の二つがあります。このうち今回は休日の義直ゾーンをみてきました。

金シャチ横丁 宗春ゾーンはこちら

名古屋城正門を出て少し東の方に向かったところにある「義直ゾーン」。義直というのは、江戸時代の尾張徳川藩の初代藩主です。

入り口
義直ゾーン

江戸時代の町並みを再現しているのでしょうか?なかなか趣きのあるスポットになっています。

このゾーンには、みそかつの「矢場とん」、味噌煮込みうどんの「山本屋総本家」、「ひつまぶし名古屋備長」、名古屋コーチンの親子丼の店「鳥開総本家」、「スギモト牛鍋店」などなど・・。これでもかというぐらい名古屋めしを堪能できる店が並んでいます。

スギモト牛鍋店
矢場とん

これほど名古屋めしの名店が並んでいるスポットは他にはないのではないでしょうか?旅行や出張に来て「せっかく名古屋に来たのだからとにかく名古屋めしを食べよう」というような人は、取り敢えずここに来ればいいのではないかと思います。

カテゴリー: 名古屋観光

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

1件のコメント

金シャチ横丁 宗春ゾーン編 | 名古屋 栄日記 · 2019-02-28 7:00 AM

[…] 金シャチ横丁 義直ゾーンはこちら […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です