高島屋が名古屋にくるまでは、松坂屋、三越、名鉄百貨店とともに4Mの一角をになった名古屋の老舗デパート丸栄。

しかし、高島屋の名駅新出などに押され、去年6月末で閉店しました。

丸栄(1月26日撮影)

現地では、すでに一部解体工事が始まっていました。

建物東側(1月26日)

親会社の興和は、広小路を挟んだ向かい側に、興和が所有する栄町ビルとニューサカエビルとをあわせ、2027年目処に一体開発する意向を示しています。

栄町ビル(左側)

しかし「一部、地権者が聞く耳をもってくれない」(興和 三輪社長)ようで、開発が遅れる可能性もあるようです。

再開発では、よっぽどのことがない限り、地権者にはプラスになるとおもいますが・・・

栄地区を盛り上げるためにも、計画が頓挫することがないよう地権者の方も英断していただけたらと思います。

カテゴリー: 栄中地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です